2012年8月16日木曜日

神戸ベーシックコース!






東京に引き続いて開催された神戸ベーシックトレーニング。
美しいヨガ・スタジオ『さくら美和』で喜びいっぱいのうちに無事終了しました。


ダンスはやっぱりサドゥのコースでは基本!


ランチも手作りをみんなで食べて、

遊びながら触れ合って、


受け手と与え手がともに滋養され、癒されていくスペースが
できることを体験から学びます。


ハグもそのひとつ。オープンでいて相手とつながること。

そして、、、


 神戸港花火大会でみんなさらに盛り上がって、
本当にきれいな花火でした!








ベーシックトレーニングを終えて、
次はインド・リシケシでのアドバンス・トレーニング!

サドゥと一緒に聖地リシケシで、お会いしましょう!


Love ♡

2012年7月19日木曜日

東京ベーシックコース!


2012年の東京ベーシックコース、おかげさまで愛と喜びのうちに終了しました。


写真もいろいろ撮りましたが、マッサージを練習中の写真がありませんでした。


食べているか、踊っているか以外の写真は、これくらいでしょうか。。。。

スキルを学んでいる最中は、本当に真剣なんです。

今、目の前にあるこの瞬間に没頭しています。

サドゥは背の高い青い目の愛にあふれたすてきな人ですが、

「気取る」ことをまったく知らない人です。


できれば、クールなイケメン写真の一枚も欲しいところですが....

カメラを向けるとぜったいに普通の顔なんか撮らせないという

決意をしているかのようです。。。。


後半3日間、お弁当を作ってくれたOfrenchiisのちーちゃんとの一枚。


そして、トレーニングはそんなサドゥの人柄を色濃く反映した

楽しくてハートフルな人々が集います。

今日から神戸のコースがスタートします!

サドゥはきっと日本中に、愛と瞑想に満ちて,身体に触れることは

喜びのエナジーのエクスチェンジなんだって

拡げてくれるでしょう。


そんなアユルヴェーダヨガマッサージ、プラクティショナーの

セッションも、やっぱり愛に満ちているんです。

ぜひ、お近くの練習生、またはプラクティショナーのセッション

受けてみたい方、ご連絡ください

ご紹介させていただきます。


らぶ♡





2012年6月20日水曜日

愛を込めて触れる.........





マッサージとは、
学び始めることは出来るが、
決して学び終えることのないなにかだ。

それは、
何処までも続いていく・・・
経験は深まり、高まり続けていく。
それは、最も繊細なアート・・・
技術の一つだ。

テクニックの成熟度が問題なのではない。
それ以上に愛が問われる。

まず、テクニックを学んでごらん。
学び終えたなら、
テクニックを忘れ去ってしまいなさい。
そして、ただ、感じ、
感じるままに動いてごらん。

マッサージを深く学んでいけば、
その90%のワークは、愛によって為され、
10%は、テクニックによって為される。

ただ触れること、
愛を込めて触れることで、
身体の中の何かがくつろぐ。
その人を 愛し、慈悲を感じるならば・・・
相手の究極の価値を感じるのなら・・・
その人を
正さなくてはならない機械のように
扱うのではなく、
とてつもなく価値のあるエネルギーとして
扱うならば・・・

その人があなたを信頼してくれ、
自身のエネルギーと
戯れるのを許してくれたことに
感謝の念を覚えるならば・・・

あなたは、次第に
オルガンを奏でているかのように
感じられるようになる。
その人の身体全体が
オルガンの鍵盤となり、
その身体の中に
ハーモニーが築かれていくのを
あなたは 感じるだろう。

そして、
その人ばかりが癒されるのではない。
・・・あなたもまた、癒されるのだ。

マッサージは、
この世に必要とされている。
というのも、
この世から
愛が消えてしまったからだ。

かつては、
愛する人が触れるだけで、充分だった。
母親は子供に触れ、その身体と戯れた、
それはマッサージだった。
夫は妻の身体と戯れた、
それはマッサージだった。
それだけで充分以上だった。
そこには、
心からのくつろぎと愛があった。

しかし、こうしたものは
この世から消えてしまった。
次第に、何処に触れたら良いのか、
どう 触れたら、
どのくらいの強さで触れたら良いのか・・・・
人は忘れてしまった。
事実、触れることは
最も忘れられてしまった<言語>の一つだ。

触れることは
ぎこちないものになってしまった。
何故なら、いわゆる宗教家によって、
正にその言葉自体が汚されてしまったからだ。
彼らは、「触れる」という言葉に、
性的な色合いをもたせた。
その言葉は、
性的なものになってしまった。

こうして、人々は
<触れられること>を恐れるようになった。
誰もが、許可することなしに、
誰からも
触れられることのないように注意している。

そして今や、西洋では
これと対極をなすものごとが起きている。

「触れること」やマッサージが
セックスそのものになってしまったのだ。
今やマッサージは、
セックスを覆う単なる表紙、
包みになってしまった。

だが、実際には
「触れること」やマッサージは
性的なものなどではない。
それは愛の機能だ。

愛がその高みから落ちてしまえば、
それはセックスになり、
醜悪なものになってしまう。

だからこそ、
祈りに満ちていなければならないのだ。
人の身体に触れる時には、
あたかも神その人自身が
目の前に 横たわっていて、
あなたは神に仕えているかのように
祈りに満ちていなければならない。

全てのエネルギーと共に流れてごらん。
そして、身体が流れ、漂い、
エネルギーが新たなハーモニーを築くのを
目の当たりにすれば、
今までに感じたこともない程の
喜びが 感じられるだろう・・・
あなたは、深い瞑想の内へ落ちていく。

マッサージをしている時は、
マッサージだけすること。
他のことを考えてはいけない、
それは邪魔になる。

指や手の内に、
あなたの全存在、魂が存在するかのように
「ありなさい」

マッサージを
単なる身体に「触れること」 にしては、駄目だ。
魂の全てが相手の身体の中に入り、貫くことで、
深奥の「もつれ」が 解放されるのだ。

そして、何より
「遊ぶ」ようにして行うことだ。
仕事にしては 駄目だ、
ゲームのように、楽しんでするのだ。

笑ってごらん、
そして相手も笑わせてごらん。
Osho - Hammer On The Rock

2012年6月9日土曜日

サドゥが再び関西へ!

先月大好評だった大阪・神戸でのサドゥの個人セッション
再び開催されます!


ご予約枠があと少しとなっておりますので
セッションをご希望の方は、お早目にご連絡ください。


また、6月16日には大阪市内にて
からだの喜び&ハートの静けさ1Dayコース」が開催されます。


サドゥは、アユルヴェーダ・ヨガ・マッサージのティーチャ―であるばかりでなく
OSHOボーン・アゲインという、子どものように遊び、自発的で
自然でいることを体験していく瞑想セラピーのリーダーでもあるのです。


今回の1Dayコースでは、本来は7日間にわたるこのプログラム
この瞑想セラピーのミニセッションも分かち合ってくれる予定です。
関西発のプログラムですので、お見逃しなく!




大阪セッション

6月17日(日)、18日(月)、19日(火) 
お申し込み&お問い合わせ  
     ディアニ  dhyani29★gmail.com (★を@に変換してください)
          http://dhyani29.wordpress.com/
セッション場所は十三です。
詳しくはお申し込みの方にお知らせしています。 

神戸セッション

6月14日(木)、15日(金) 
お申し込み&お問い合わせ  
神戸 花隈/元町 さくら美和〜SAKURA BIYORI〜 
神戸市中央区花隈町12-6第3大知ビル7F
            (078)362-2227      
http://cherry-blossoms.jp/
sakurabiyori@cherry-blossoms.jp


2012年6月1日金曜日

からだの喜び&ハートの静寂1Dayコース 大阪












サドゥ.リンデン






ウッタム.ミシュラ






アユルヴェーダヨガマッサージの講師、サドゥと、

我らが瞑想の先生、ウッタムの

日本で初の二人でコラボのコースになります。

リシケシ以外では実現できなかった二人のコンビネーションを

大阪で味わっていただけます。

その後に続くタントラのコースも、身体を魂の宮として瞑想して行く

素晴らしいコースです!

この2日間は、身体と魂、両方の感覚をフルに開くための貴重な二日間

になるでしょう!!


..........................................................................................................................



このワークショップでは、自分のからだにもっと近づいて友だちに

なっていくための一日です。

自分のからだと深く親しくなっていくというのはどんなことでしょうか?

その体験をしていくためにいくつかの手法を使います。



古代インドの智慧であるヨガとアユルヴェーダ、身体を寛がせていくためのダンス、

子供だったときに感じていた感情の解放や深刻に ならずに遊び楽しむための瞑想、

そしてOSHO禅タロットカードを使って今生きている自分自身の人生にさらなる

明瞭な方向を与えていきます。

講師ウッタム氏によって創設されたアンタ―カラーナ・ヨガは、今までの常識を

くつがえすようなまったく新しいヨガです。

ヨガとは、どうやったら正しくアサナ(ヨガのポーズ)をできるのかと理解していますが、

アサナ(ヨガのポーズ)とエクササイズの違いはなんでしょう?

ここに気づいている人はそう多くはありません。

アンタ―カラーナ・ヨガは、私たちの内なる美しい実存へとつながることを助けて

いきます。



身体を寛がせていく手法としてアユルヴェーダ・ヨガ・マッサージを使います。

身体の本性は過去に行くことも未来へ行くこともできません。

「今、この瞬間に寛ぐ」という意味を、身体を通して理解することができるでしょう。

身体とこころも同時に寛ぐとき、はじめて「からだの喜びとハートの静けさ」

がやってきます。



「OSHO禅タロット」を助けとして自分の中にすでにある「リアルな」ポイントを

発見し、人生のなかでやってくる様々な状況に対して、

タロットカードから映し出される無意識の層を見ることで、自分の道を理解します。

禅タロットカードの美しさは、そうした問題を「今、ここ」で解決することです。

こころが平安になり、自分の身体の内側から満たされて静かになっている状態が

ハートの静けさです。



ハートの静けさとは私たちが人生を生きていくための根源的な生きる権利です。

そして、これが私たちの人生のゴールなのです。

踊り、笑い、深刻になりすぎず自分自身の人生を生きること

――これを到達することはいとも簡単にきるのだということを体験を通して理解

するのがこのコースの醍醐味です。

からだの喜びとハートの静けさという、この新しいライフスタイルをトライして

みませんか?


【からだの喜び&ハートの静寂1Dayコース】 



日時:6月16日(土)10:00-16:30

会場:大阪環状線 京橋駅 (JR線・京阪線) 徒歩10分程度

(詳しい場所は申込者に直接ご連絡します)

参加費:6,000円

講師:ウッタム・ミシュラ & サドゥ・リンデン


持ち物:身体を動かしやすい楽な着替え、板の床に座ったり横になるための大判の

タオルやヨガマット、 (お持ちであれば)OSHO禅タロットカード、

タロットカードをひろげる際に使う布

※翌17日タントラライフのイントロダクション・コースと同時ご予約の場合、

2日間の参加費は14,000円です。

※本コース参加者の方には、ウッタム氏、サドゥ氏の個人セッションがそれぞれ

2,000円割引となります。


◎ワークショップ内容◎

・ヨガ・セッション:今までにないまったく新しいヨガを体験

・マッサージ セッション:愛と瞑想的な雰囲気のなかでふれる

・ふれられること、今ここの感覚を体験

・こどもになって遊ぶセッション:

完全に子供になって遊び、ナチュラルであること自発的であることを体験

・タロットリーディング セッション:

直感を使う、体験する、そこから自分を信頼する体験

・瞑想&シェアリング&質疑応答:スピリチャルな世界とは?

瞑想の先生からのお話と質問コーナー

※マッサージは着衣のままペアになってマッサージを体験します。



◎17日同会場にて開催!! 

タントラライフ イントロダクションコース
http://ameblo.jp/osubana/entry-11266350304.html 




●ご予約・お問い合わせ●

アマラナ amaranajp★yahoo.co.jp 

ディヤニ dhyani29★gmail.com  http://dhyani29.wordpress.com/

(★を@に変換してメール送信してください)


_______________________________________________

「呼ばれて行く国インド」



おぉぉ、まさに「インド」です。

ごちゃっとして、世界の縮図みたいな町と人々。

インドは世界のトワイライトゾーンじゃないかって思います。

アユルヴェーダヨガマッサージでも、リシケシでトレーニングコースが

あります。



リシケシのガンジス川は上流なので、美しい翡翠のような色で滔々と流れて

います。シタイがぷかりぷかりということはないんですが、

あるがままに流れている川は、汚れる事はないんだと思います。

けれどガンジスの水は、汲み置きしても腐ることはないんだそうです。



よくインドは呼ばれる国、招かれる国、と言われます。

奥の深〜〜い、人間の在り方としての深遠ななにか、それが真実を

探求する人々を惹き付けて止まない理由なんだろうと思います。


映画の上映の情報はこちら→http://www.uplink.co.jp/x/log/004432.php


リシケシのトレーニングコース、詳しくはこちらをクリック!

2012年5月11日金曜日

イントロダクションin 東京

お待たせしました!!!

アユルヴェーダヨガマッサージ イントロダクションの日程が決まりました!


6月23日(土) 18:00〜20:30 
牛込箪笥町センター 4F つつじ 
大江戸線 牛込神楽坂下車 徒歩0分
参加費:¥3,000 
持ち物:バスタオル1枚、パレオ(ショールなど) 
お申し込み:Tarika  aym.office@gmail.com  

サドゥがお伝えするアユルヴェーダヨガマッサージの瞑想、「触れる」
ことについて、短い時間ですがご堪能ください。
ほんの短時間のタッチとマッサージで、驚くほどのリラックスを体感して
いただけます。
まだ日本では相当レアなこのマッサージのテイストをぜひ味わって下さい!
当日はインドでのコースへのご質問なども直接サドゥとお話できます。
もちろん、コースには参加しないけれどサドゥに会いたい方、遊びに来て
くださる方も大歓迎です!





スペイン.マヨルカ島でのコース中のサドゥ






2012年5月10日木曜日

来週サドゥが大阪・神戸へ



関西でのサドゥによる特別限定セッションがオープンします。


大阪・神戸近郊にお住まいの方には、またとないサドゥのセッションを受けるチャンスです。


ご自身への贈りものとして、静かなスペースへと戻る時間として、
また癒しを必要とされていると感じている方へ
サドゥの愛とハートに満ちた瞑想的な時間を過ごしてみませんか。




大阪
5月14日(月)、15日(火)




神戸
5月18日(金)、19日(土)




セッションスケジュール(大阪・神戸とも一日4名様限定・90分通訳つき)
1)11:00-12:30  
2)14:00-15:30
3)16:00-17:30
4)18:30-20:00




ご予約・お問合せ

大阪: graceofbody@gmail.com
     090-3549-3232 
     グレース・オブ・ボディ

                  (078)362-2227       
     花隈/元町 さくら美和〜SAKURA BIYORI〜 


前日と当日のキャンセルは100%となりますのでご注意ください。



2012年3月25日日曜日

自分に深く触れながら



サドゥからのメッセージ/個人セッションによせて


身体が私たちの関心を願う時にはいつも
痛みを感じ、緊張を感じます。
この緊張はどこからやってくるんでしょう?


現代に生きる私たちの生において、恐怖が私たちを突き動かし、
人生を先導しています。
表現されなかった過去の体験やフィーリングは
否定的な負荷として身体の組織体やマインドに蓄積されます。
ネガティブな感情や恐怖から克服することは不可能に思えます!

だからこそ私たちは自分自身に厳しく働きかけるのを強いるのです
さらに良く、さらに効率的に仕事をこなすために、
さらにいい妻、夫、母、父になるために、
さらにいい息子や娘になるために、
さらにいい恋人になるために。
あるがままの自分では充分ではないというフィーリングが私たちにはあります。

でもこれは本当でしょうか??

実際のところ、わたしたちは不思議そのものではありませんか?
奇跡そのものでは?
私たちの身体、ハート、そして私たちの魂は?

存在の不思議さ?

それでもなお私たちは自分の人生にはまだ何かが欠けていると感じています。
でも何が必要なんでしょう?
愛が、その答えです!!


もし私たちが自分に愛を与えることができたら、
生はすべての次元において急速に変わっていきます!
でも自分に愛を与えるにはどうしたらいいんでしょう?
自分の身体に本当に在るということ、それが自分に愛を与えることです。
それは必要とされていることに本当に応えていくと意味です。

身体は私たちの存在を必要としています!! 自分自身の内に存在するということ。
このただ存在するということのなかで、私たちの愛は育つことができるのです。
それは自分の何かを変える必要もなく、自分自身を向上する必要もないということ。
私たちはあるがままの自分で、すでに完璧なのです!


私たちの身体は私たちが辿りつく我が家です!!私たちの寺院です!!
手に入れる必要以上のものをこの世界で手に入れようとしている事実に
気づくことができたら、そのとき私たちは愛にひらき、ハッピネスに、
喜びに、恩寵に、そして至福へとひらいていきます。。。

それらを体験することができる場所はあるのでしょうか??

私のトリートメントでは、自分の身体、自分自身へと深く
ダイブしていくことができます。
毎日の生活のなかでのあらゆるストレスから離れ、完全に寛ぐ90分を楽しむでしょう。
そして、あたたかい愛のフィーリングをあなたがあなた自身に与えてあげるのです。

この寛ぎは、あなたの仕事や関係性、毎日の日々のなかへと運ばれていきます。
自分の意識をサポートすることで、瞬間毎に喜びをもたらすことができます
自分に愛をもっともっと与えることが、生を至福へと花開く道へと変わって
いくことを学びます。


In Deep Contact With Yourself

Message from Sadhu

Whenever body wants our attention,
we feel pain, we feel tension.
Where is this tenison coming from?

In our modern life, fear is leading our movements, our life.
Past experiences and feelings remained unexpressed
in our bodies and minds
as negative charge in our tissues.
Too much of these tensions lead to sickness.
Coming out of negative emotions and fears seems impossible!

nstead we are forcing ourselves to work harder on ourselves,
to become better to become more effective in our jobs,
to become better wifes and husbands, better mothers and fathers,
to become better sons and daughters
to become better boyfriends and girlfriends.

We have the feeling that we are not enough as we are.

But is this true??

Actually, aren´t we a wonder? A miracle?
Our bodies, our hearts, our souls?

A wonder of existence?

Love is the answer!!

If we give Love to ouselves life will change very rapidly in all dimensions!

But how to give love to ourselves?

Being really present in our body, we give love to ourselves.
It means we really respond to what is needed.

Body needs our presence!! Presence within ourselves.
Only in this presence our love can grow.
This means we do not need to change something, we do not need to
improve ourselves.
Because we are already perfect as we are!

Our body is our home! It is our temple!!
If we become aware of that fact we will gain more than we can earn in
this world.
Then we are open for love, happiness, joy, grace, bliss...


... or is there any other place where you can experience these things??


In my treatments you can dive deep into your body, deep into yourself.
Away from all the stress of daily life, you enjoy 90 minutes of total
relaxation
and you give yourself a warm feeling of love for yourself.


This relaxation is carried into your work, into your relations, into
your everyday life.
Supporting your consciousness and joy of every moment.
You learn more and more how giving love to yourself will change your
life into bliss, into blossoming.

2012年3月16日金曜日

ゾルバ.ザ.ブッダツアー

さて、昨年のリシケシのゾルバ.ザ.ブッダツアーでは

アユルヴェーダドクターのレクチャーもありました。

このレクチャーは、なんとサドゥのポケットマネーから出たんです!!!!

すごい、サドゥ!!! さすが!!!この男ゾルバ♪♫




そしてなんと、短い時間ではありますが、



個人のコンサルテーションまであったんです!
この美しいドクターはリシケシでも人気も実力もあるドクターだと
評判だそうです。とても楽しげで、パワフルなおしゃべりヴァッタさまでもありました。


ランチはリシケシの野菜ご飯カフェ
おかえり」へ。やっぱり和食は世界一です!
サドゥは納豆食べられるドイツ人です♫
ウッタムはここのご飯を「禅テイスト」だと言っていたくお気に入りでした。



このカフェ「おかえり」は信じられないくらいの寛ぎ空間です。
そろそろ日本の味が恋しくなるタイミングだったのですね。



さぁ、おいしいご飯の後はパールバティのお墓があるというお寺へGo!
太古の昔に顕されたパールバティーのお姿は、、、なんだか宇宙から来た人
のような感じがしてしまうのは、私だけでしょうか?



お寺の近くにあった焼き場へも行きました。
インドでは、生と死は分たれることなく、いつも隣り合わせにあるのです。


母なるガンガーにはいろんなものが流されて行きます。
だからガンジスの水は汚れていると、都会育ちの私たちは思ってしまいます。
でも実際にガンガーに触れてみると、ガンガーはまったく汚れてなどいない
聖なる癒しの川でした。
流れているから汚れないのだと思います。
もしどこかで流れが止められてしまったら、きっと汚れてしまうのかも
しれませんが、ガンガーはインドの大地を滔々と流れる
美しい川です。その水を汲み置きしても、決して水は悪くなることが
ないのだそうです。





さぁ、たくさんお祈りして、瞑想したら、次はもちろん買い物ですよ!!
待ってました〜〜〜〜♡とばかりにwww



〆は美味しいラッシーです。



サドゥはほんと、お茶目な先生です。


注;ゾルバ.ザ.ブッダツアーはウッタムの入念なリサーチの末に
敢行されます。その時々に入るフレッシュな情報に基づく場合も多々あるので
今度はここだ!というご案内は出来かねます。
けれど、観光では決して行くことの出来ない場所、そして現地の人しか、
しかも一部のレアな人だけが握る情報に基づいています。
そしてヒンディーの分からない私たちのために、ヒンディーと英語、日本語と
通訳が入ります。なにが起こるのか誰にもわからない、ミステリーツアー
でもあるのです。だからこそ味わえる神秘の国、インドの香りを
ご一緒しましょう!!


















ゾルバ.ザ.ブッダ By OSHO


「ゾルバ.ザ.ブッダ」とは、なんでしょう?

前回もやたらとこの言葉の響きに魅き寄せられた人もいらっしゃいました。

これは、インドの神秘家OSHOが私たちにもたらしてくれた、新しい人間の

在り方なのです。

アユルヴェーダ.ヨガマッサージのコースでは、新しい人間存在として、

この困難に満ちた時代に在ってもなお、トータルに生きること充分に楽しむ

ことを提唱します。




.



OSHO 

................................................................


ゾルバ・ザ・ブッダ





これまでの人類は、魂は実在するが物質は実在しないと信じるか、逆に物質は存在するが、魂は実在しないと信じるか、そのどちらかで生きてきた。
過去の人類は、必ず唯心論か唯物論かのどちらかに分かれていた。


しかし、人はその両方だ。彼は精神性だけではなく、ただ物質だけでもない。
彼は物質と意識の途方もない調和だ。あるいは物質と意識は別々なものではなく、一つの現実の二つの側面に過ぎないのかもしれない。物質は意識の外面であり、意識は物質の内面だ。しかし過去において、哲学者や賢者や宗教的神秘家のうち誰一人として、この統合を宣言したものはいなかった。彼らは、一方は真実だが他方は幻影に過ぎないと言って、人間を分割する道を選んできた。

そのことが惨めさや苦悩を生みだし、決して終わることのないような闇夜をつくりだしてきた。肉体に耳を傾ければ、自分自身を非難するはめになるし、ただ意識だけに耳を傾けるなら、自分の成長は釣り合いが取れない。意識は成長するが、肉体は委縮して、バランスが失われてしまう。そのためにバランスにこそ健全さがあり、バランスにこそ全体性があり、バランスにこそ喜びや歌やダンスがある。 


西洋は肉体に耳を傾けることを選び、意識という現実に関する限りまったくツンボになってしまった。その最終的な結果は、高度な科学、発達した技術、豊かな社会、日常的、世俗的なものの豊かさのただなかにあって、魂を欠いた。反対に東洋は意識を選び、物質と物質的なものすべてを、ただ見かけだけで現実には存在しないマーヤ(幻影)、砂漠の蜃気楼として非難してきた。だが東洋はそのために、空腹で飢えた。犬のように死んでいく何百万という貧しい人々を生みだしてきた。


その責任は私たちのすべての聖人---このはかり知れない犯罪の責任は、すべての哲学者(唯心論者と唯物論者の両方)の双方にある。


そして両方の真実の統合としての人材は「ゾルバ・ザ・ブッダ」である。ブッダはむろんおわかりだろうが、人間意識の最高の高みに立った人物ではあるが、彼は残念ながら地上の人ではなく、空を駆ける人だ。鳥は両翼があってよく天空を飛ぶが、仏陀はその点においては片翼の人でしかなかった。


それに対しギリシャの作家カザンザキスの小説「その男ゾルバ」の主人公ゾルバは、肉体の快楽、地上の快楽を信じた男である。彼は来生において自分に何がおこるか、天国に入るか、地獄に投げ入れられるかなどまったく気づかうことなく、生をその極限まで楽しんだ男だ。彼は山に入って石塊の落ちて行くさまにすら、生々とした生命感を感じ、満月の夜には、楽器を持って潮騒の聞こえる浜辺で歌い、踊ることのできる人物だ。


しかしゾルバは踊ることができ、歌うこと、祝うことができても盲目だ。ブッダは見ることができるが、ただそれしかできない。彼は純粋なる目と明晰さと知覚を持つが踊れない。彼は片端であり、歌うことができないし、祝うこともできない。ゾルバは半分であり、ブッダも半分だ。これが結びつくとすれば、それは物質と魂の統合だ。


それは物質と意識の間には葛藤がないということで、私たちはその両面において豊かになることができるという宣言だ。それを肉体と魂は一つだと言う、「存在」はスピリチュアリティ(精神性)に満ちていると言う。山々ですら生きており、樹々にすら感受性があるという宣言だ。この全存在はその両方だ。あるいはおそらく、物質と意識という二つの現れ方をするただ一つのエネルギーだ。


そのため「ゾルバ・ザ・ブッダ」というのは、この世のもっとも豊かな可能性だ。この両者のドッキング体は自らの本性をその極限まで生きる。彼はこの大地の歌を唄う。彼は大いなる大地を裏切らないし、また聖なる天空を裏切ることもない。


過去の人間が貧しかったのは、彼が「存在」を分割していたからだ。新しい人間、ゾルバ・ザ・ブッダは、この全世界が自分の家であると主張する。そこに含まれるものすべてが私たちのものであり、私たちはそれをあらゆる可能なやり方で使わねばならない。どんな罪の意識を持つことなく、葛藤もなく、選択もせずに、われわれはあらゆる物質を楽しむことは可能だし、あらゆる意識を祝うことも可能なのだ。


                                                                                ー  OSHO ー


2012年3月13日火曜日

アシュラムでの日々

OSHOガンガーダムは瞑想のためのアシュラムですが、
食事がまた美味しいんです!!






毎日カレーだなんて、飽きちゃって食べられないかと思いきや......














食べる食べる食べる食べる.....
      ホントに美味しいんです!!!






我らの飽くなき胃袋を支えてくれる、
若きサニヤシンシェフ、ディーパック♡






そして休憩時間は思い思いの時間を過ごします。
街で買って来たシンギングボールを演奏したり、お洗濯をしたり、
シャワーを浴びたり......












ゆったりとした時間が流れます。
自然の雄大さそのままの、時間がなくなってしまったみたいな
都会では味わえなかった時間たちをゆったりと過ごします。










自分自身をリセットする時間て、とても大切です。
それこそが、次の飛躍への大きなステップになるのです。









ここ、OSHOガンガーダムには様々な来訪者が訪れます。
お隣のアシュラムのスワミやご近所にお住まいのサドゥ...........

二人のサドゥ!!!!







毎日何かが起こるんです!!!予期しない何か!! 
これがエンライトした方を量産するお国、インドのすごいところです。
想像を超えるハプニング、それがインドなんです。。。



2012アユルヴェヨガマッサージプラクティショナー認定コース






ガンガーの岸辺にて

ガンガーに飛び込んで、そして..........ぽわぁ〜んとしたり.........





岸辺では相撲が始まったり!!!

はっけよーーーーいのこった!!!




みんな生き生きとして、インドの大地をエンジョイしています!






楽しむこともトレーニングのうちの一つです!!!
日常を抜け出して、いつもの条件付けを吹き飛ばし、新たな境地へと
ダイブする、それもまたアユルヴェーダヨガマッサージの提供する醍醐味なのです。






ガンガーで瞑想するサドゥに行き会いました。
ここで何時間も、何年も瞑想するのだそうです。






ガンガーでは、様々な時間が、それぞれの中に流れて行きます。








それは命そのもので、神秘そのものです。
この川を見て、触れたら、あなたもこの神秘に魅入られてしまうでしょう。。